知識ゼロでOK! ワクワク占星術ゲット❤️

自分で自分を生かせるように。

第63話「バラ水 2」

占星術タンバリン物語

第63話「バラ水2」


ルーブル喫茶店のママさんのお家。

それはそれは、
とにかく可愛かった。

まるで妖精が住んでいるようだった。


もともとは色とりどりのお花を
栽培していたようなのだが、

今、ニューヨークには
バラが必要だと

10年前からお庭を全て
バラに植え替えたそうだ。


今までみたバラ園よりも
美しいバラたちがいた。

「こんにちは。」

f:id:nihonmaru:20180503033816p:plain

バラの庭からあらわれたのは
ママさんのパートナー。

クロードさんだった。


キツツキさんは、そっと私を紹介してくれた。

「こんにちは。クロードさん。
 こちらは、友達のミキちゃん。
 バラの香りが好きだから連れてきたよ。」

「はじめまして。ミキです。」


クロードさんは、とても
穏やかだった。

ニューヨークには
珍しいタイプの人だった。

初めてお会いしたのに、
初めてでない感じ。
懐かしい気持ちになった。


「さぁ、みんな!
 陽があがってしまわないうちに
 バラを摘んでおくれ。」

「は〜〜い!」

いっしょに来たみんなは
いつも参加してるのか
慣れた様子だった。


カランコロン 
   
   つづく



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ミキちゃんの占い講座は

おやすみ中