知識ゼロでOK! ワクワク占星術ゲットにゃ❤️超入門編

占星術の時間だよ〜!  キラキラ人生を応援するブログ!

ハウス

第56話 実践編 〜 どうやって人の役にたてるか? その1 〜

占星術タンバリン物語第56話 「アメリカン・ドリーム」 8時20分。 ティファニー本店前に着いた。 めずらしいことも あるもんだ。 待ち合わせ場所に 10分も早くついた。 というよりも、 朝5時に目が覚めて その後眠れなかったのだった。 ファッション業界での…

第55話 ハウスを読み解く 〜 12ハウス〜

占星術タンバリン物語第55話 「やりたいこと」カランコロン「いらっしゃ・・・にゃ? ミキちゃん、どうしたにゃ?」「キャン子さん、 あのぉ。。。 ちょっとお願いがあるんですけど・・・」 「どうしたにゃ?」「今週末、お休みをいただけないかと 思いまし…

第54話 ハウスを読み解く 〜 11ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第54話 「シーマとサーモン」ベーグルショップは すごい行列だった。 シーマは、いつも決まって サーモンサワークリーム。 わたしは、いつも決まって サーモンアボカドクリーム。 二人ともサーモンが好き。でも、お互いの好みのクリー…

第53話  ハウスを読み解く 〜 10ハウス 〜

占星術タンバリン物語第53話 「再会」 春の風を感じながら ベーグルショップに 向かっていたら わたしを呼ぶ声が聞こえた。 振り返ると、 懐かしい同級生の顔があった。 その同級生は、シーマと言った。 わたしが憧れていた ファッション業界に入って メキメ…

第52話 ハウスを読み解く 〜 9ハウス 〜

占星術タンバリン物語第52話 「約束」 キツツキさんは、 いつものように 優しい声だった。 バラ水を作る日が 決まったので 誘ってくれた。 手帳を取り出して 忘れないようにと 日時を記入した。 その日は、満月だった。 わたしの手帳は、 月の満ち欠けが書か…

第51話 ハウスを読み解く 〜 8ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第51話 「誰かを想う」 「キツツキさん」キャン子さんの口から 彼の名前が出てきて驚いた。 実は、セントラルパークで ピクニックをした時。 最初は、サンドイッチを 作ろうと思っていたが、キツツキさんの顔を 思い出した瞬間、おにぎ…

第50話 ハウスを読み解く 〜 7ハウス 〜

占星術タンバリン物語第50話 「すべてはエネルギー!の巻」 「キャン子、 サンクス!バーイ!」「サンキューニャ〜」 朝のピークが落ち着いた。キャン子さんは、 わたしの横に座った。 「よっこいニャ。」 (訳「よっこいしょ」) 「ミキちゃん、ローズティ …

第49話 ハウスを読み解く 〜 6ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第49話 「私のアレは、まさかのアレだった。」 あの朝、 キャン子先生は、 きっと私が来るのを わかってたはず・・。 お店には、常連さんが 2人いて軽く挨拶をした。 買ったばかりの雑誌を 読みながらアレを待った。 アレに対する 緊張…

第48話  ハウスを読み解く 〜 5ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第48話 「私のアレ・・・」 今日は、 仕事ではなくて お客として タンバリン喫茶に行った。 お休みの日は、 家にいるか 海岸で雑誌を読むか。それぐらいだった。 その日は、 ふとタンバリン喫茶で 「アレ」を頼みたくなったのだ。そう…

第47話 ハウスを読み解く 〜 4ハウス〜

占星術タンバリン物語 第47話 「初めての二人っきり」 セントラルパークでは 太陽の下、 たくさんの人が ピクニックをしていた。 あちこちから 笑い声や 楽器の演奏が 聞こえてきた。 そっか。 もうすっかり 春なんだな。夏が近づいてることに 少し焦りを感…

第46話 ハウスを読み解く 〜 3ハウス 〜

占星術タンバリン物語第46話 「バラの香り」キツツキさんは ルーブル喫茶で ミックスジュースを 飲んでいた。 ルーブル喫茶には、 最新の雑誌がおいてある。 私がファッション関係の 仕事をしていた時は ここの雑誌を目当てに よく来ていた。 謝り続ける私に…

第45話 ハウスを読み解く 〜 2ハウス 〜

占星術タンバリン物語第45話 「サマータイム」 パタパタパタパタ.. 「キツツキさん! すみません!」 そう。 私は遅刻した。 まだまだ時間があると 瞑想した後に 絵を描いていたら、 電話が鳴った。 「ミキさん、おはよ! 今、どこ?」 「キツツキさん、 お…

第44話 ハウスを読み解く 〜 1ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第44話 「今日の世界」 キツツキさんとは、 11時の待ち合わせ。 それまで、 瞑想をすることにした。 キャン子先生から いただいた石を 手に握り目をつぶった。 呼吸をできるだけ ゆっくりとする。 吸って・・・ 吐いて・・・ 吸って・…

第42話 実践編 〜 適職と天職の違い 〜

占星術タンバリン物語第42話 「HADOU」 お客様にコーヒーと ジュースを用意して 持って行った時に 「音遊び」は終わった。 そして、 そのお子さんは 「のどかわいた〜」 といってジュースを ぐびぐびと飲んだ。 キャン子先生も 緑色のソーダー水を 飲んでい…

第36話 ルーラー

占星術タンバリン物語第36話「キャン子先生と石」 「ミキちゃん、 今日は疲れたでしょ? ゆっくり休んでにゃ。」 「キャン子さん、 お疲れ様です。 今朝、指輪をはめてから 忙しくなった気がしてるんです。。 あと、私、、 全然疲れてないんです! むしろす…

第31話 開運場所 〜 ハウス その3 〜

占星術タンバリン物語 第31話「ほんとうのわたし」キツツキさんに言われるがままに 目をつぶって深呼吸をし始めた。すると、、真っ暗だった世界に 紫や緑色の風船のようなものが あっちこっち動き出した。あれには、 驚きというか 怖さがあったなぁ。。 でも…

第30話 開運場所 〜 ハウス その2 〜

占星術タンバリン物語 第30話 「キツツキさん」キツツキさんが、 トーストを食べ終わったようで お皿をさげようと テーブルに向かうと・・ キツツキさんが話しかけてきた。「いつから働いてるの?」「あ、今月からです。」「ふ〜ん、そうなんだ。 君、、石持…

第29話 開運場所 〜ハウス その1 〜

占星術タンバリン物語第29話「あの日を今も忘れない」カランコロン朝7時、 いつもの朝。キャン子先生との お仕事も少し慣れてきていた。その日は、 朝日がとても強くて 金色に輝くようにみえた。いつもより早く起きて、 いつもより早く家を出て、 朝日を眺め…