知識ゼロでOK! ワクワク占星術ゲットにゃ❤️超入門編

占星術の時間だよ〜!  キラキラ人生を応援するブログ!

新月占い 2018/05/15

おはようございます!! さて、もう少し先なんですが、次回の新月の占いをここでします。 5月15日 フランス時間 13時48分日本時間 20時48分 おうし座24度36分での新月です。 新月は、地球からみた太陽と月が重なる時。 占星術的にいうと、月と太陽が、コンジ…

今日の宇宙  2018/05/10

おはようございます。今日は、月がうお座。過去にいろいろあったことを「赦す」タイミング。 自分の中に、こんなに大きな愛があるんだ。優しい心があるんだ。受け止める器があるんだ。と驚くかもしれない。 許せない気持ちがあればあるほど人生は辛くなるの…

第66話 「バラ水5 〜レシピ〜」

占星術タンバリン物語 第66話「バラ水5 〜レシピ〜」各々摘んだバラを全て 水の中に入れた。ここからは、クロードさんのお仕事。火加減に注意しながら、 バラのエキスを水に全て 入れ込む作業が始まった。バラの花びら500gに 天然水500mlを ぐつぐつと煮て …

第65話「バラ水4」

占星術タンバリン物語 第65話「バラ水4」「いろいろと話したいことがあるけど、 今はバラ摘みに集中しようね。 また後でね。」そう優しく言うと、 バラに誘われるかのように ふわっと歩いていかれた。 バラと会話をする。石と会話をする。人ではないものとの…

第64話「バラ水3」

占星術タンバリン物語 第64話「バラ水3」バラを目の前にして、 私は固まった。どれを、どうやって摘んだらいいのか 全くもってわからなかった。「クロードさん、 摘み方を教えていただけませんか?」ダイレクトに聞いてみた。 すると、クロードさんは、 不思…

第63話「バラ水 2」

占星術タンバリン物語第63話「バラ水2」 ルーブル喫茶店のママさんのお家。それはそれは、 とにかく可愛かった。まるで妖精が住んでいるようだった。 もともとは色とりどりのお花を 栽培していたようなのだが、今、ニューヨークには バラが必要だと10年前か…

第62話 「バラ水」

占星術タンバリン物語 第62話 「バラ水」 バラ水を作る日朝4時。 爽快な目覚めだった。 朝5時。 ルーブル喫茶店で待ち合わせ。 こんなに朝早くに マンハッタンを歩いたのは初めてだった。 まだ夜中のような暗さ。それに、6月といえど、朝はよく冷えていた。…

第61話 「ヒーリング」

占星術タンバリン物語 第61話 「ヒーリング」満月を見終わって、 さぁ帰ろうとなった時。わたしは、小石につまづいて 足をぐねってしまった。(痛っ)キャン子先生が心配するといけないと思い、 何事もなかったように歩こうとしたら「ミキちゃん。歩いちゃだ…

おやすみ。

みなさんおはようございます。 すみません。今日は、おやすみします。また明日にお会いしましょう! 6月1日〜10日 パリにて占い鑑定します。ご希望の方は、ご連絡ください。コチラより>>> 30ユーロ/30分 ミキ

第60話 「 運命の相手を探す方法 」

占星術タンバリン物語第60話 「浄化」 東の空からあがってきた 満月がどんどんと 小さくなっていた。 私たちは、 満月の光を浴びながら いろいろな話をした。 いつもは聞けないことを たくさん聞けた。 「そろそろだにゃ」「?」「ミキちゃん、指輪はずして …

第59話 「補習 // アスペクト」

占星術タンバリン物語第59話 「魔法瓶」 「キャン子さん、青い瓶なんて 何に使うんですか?」 「うんとにゃ。 これからまじないをかけるんだにゃ〜」 マジナイ!?!? 満月におまじないって・・・ もう正真正銘怪しい人じゃないですか。 いや、あやしい猫か…

第58話 修了

占星術タンバリン物語 第58話 「日曜日」 MOMでの仕事が終わった。 予定より早く終わったので タンバリン喫茶に寄った。 カランコロン 「あら!ミキにゃん、 いらっしゃいにゃ〜!」 「キャン子さん、 こんばんは!!」 「ちょうどよかったにゃ。 今、お店を…

第57話 実践編 〜 どうやって人の役にたてるか? その2 〜

占星術タンバリン物語第57話 「ほんとうにしたいこと」 わたしは今まで学んだことを 最大限に発揮した。 そして、チームからも またいっしょに仕事を したい!と言ってもらえてた。 夢が叶っただけでなく、 ファッション関係の仕事を 続けていける カランコ…

第56話 実践編 〜 どうやって人の役にたてるか? その1 〜

占星術タンバリン物語第56話 「アメリカン・ドリーム」 8時20分。 ティファニー本店前に着いた。 めずらしいことも あるもんだ。 待ち合わせ場所に 10分も早くついた。 というよりも、 朝5時に目が覚めて その後眠れなかったのだった。 ファッション業界での…

第55話 ハウスを読み解く 〜 12ハウス〜

占星術タンバリン物語第55話 「やりたいこと」カランコロン「いらっしゃ・・・にゃ? ミキちゃん、どうしたにゃ?」「キャン子さん、 あのぉ。。。 ちょっとお願いがあるんですけど・・・」 「どうしたにゃ?」「今週末、お休みをいただけないかと 思いまし…

第54話 ハウスを読み解く 〜 11ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第54話 「シーマとサーモン」ベーグルショップは すごい行列だった。 シーマは、いつも決まって サーモンサワークリーム。 わたしは、いつも決まって サーモンアボカドクリーム。 二人ともサーモンが好き。でも、お互いの好みのクリー…

第53話  ハウスを読み解く 〜 10ハウス 〜

占星術タンバリン物語第53話 「再会」 春の風を感じながら ベーグルショップに 向かっていたら わたしを呼ぶ声が聞こえた。 振り返ると、 懐かしい同級生の顔があった。 その同級生は、シーマと言った。 わたしが憧れていた ファッション業界に入って メキメ…

第52話 ハウスを読み解く 〜 9ハウス 〜

占星術タンバリン物語第52話 「約束」 キツツキさんは、 いつものように 優しい声だった。 バラ水を作る日が 決まったので 誘ってくれた。 手帳を取り出して 忘れないようにと 日時を記入した。 その日は、満月だった。 わたしの手帳は、 月の満ち欠けが書か…

第51話 ハウスを読み解く 〜 8ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第51話 「誰かを想う」 「キツツキさん」キャン子さんの口から 彼の名前が出てきて驚いた。 実は、セントラルパークで ピクニックをした時。 最初は、サンドイッチを 作ろうと思っていたが、キツツキさんの顔を 思い出した瞬間、おにぎ…

第50話 ハウスを読み解く 〜 7ハウス 〜

占星術タンバリン物語第50話 「すべてはエネルギー!の巻」 「キャン子、 サンクス!バーイ!」「サンキューニャ〜」 朝のピークが落ち着いた。キャン子さんは、 わたしの横に座った。 「よっこいニャ。」 (訳「よっこいしょ」) 「ミキちゃん、ローズティ …

第49話 ハウスを読み解く 〜 6ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第49話 「私のアレは、まさかのアレだった。」 あの朝、 キャン子先生は、 きっと私が来るのを わかってたはず・・。 お店には、常連さんが 2人いて軽く挨拶をした。 買ったばかりの雑誌を 読みながらアレを待った。 アレに対する 緊張…

第48話  ハウスを読み解く 〜 5ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第48話 「私のアレ・・・」 今日は、 仕事ではなくて お客として タンバリン喫茶に行った。 お休みの日は、 家にいるか 海岸で雑誌を読むか。それぐらいだった。 その日は、 ふとタンバリン喫茶で 「アレ」を頼みたくなったのだ。そう…

第47話 ハウスを読み解く 〜 4ハウス〜

占星術タンバリン物語 第47話 「初めての二人っきり」 セントラルパークでは 太陽の下、 たくさんの人が ピクニックをしていた。 あちこちから 笑い声や 楽器の演奏が 聞こえてきた。 そっか。 もうすっかり 春なんだな。夏が近づいてることに 少し焦りを感…

第46話 ハウスを読み解く 〜 3ハウス 〜

占星術タンバリン物語第46話 「バラの香り」キツツキさんは ルーブル喫茶で ミックスジュースを 飲んでいた。 ルーブル喫茶には、 最新の雑誌がおいてある。 私がファッション関係の 仕事をしていた時は ここの雑誌を目当てに よく来ていた。 謝り続ける私に…

第45話 ハウスを読み解く 〜 2ハウス 〜

占星術タンバリン物語第45話 「サマータイム」 パタパタパタパタ.. 「キツツキさん! すみません!」 そう。 私は遅刻した。 まだまだ時間があると 瞑想した後に 絵を描いていたら、 電話が鳴った。 「ミキさん、おはよ! 今、どこ?」 「キツツキさん、 お…

第44話 ハウスを読み解く 〜 1ハウス 〜

占星術タンバリン物語 第44話 「今日の世界」 キツツキさんとは、 11時の待ち合わせ。 それまで、 瞑想をすることにした。 キャン子先生から いただいた石を 手に握り目をつぶった。 呼吸をできるだけ ゆっくりとする。 吸って・・・ 吐いて・・・ 吸って・…

第43話 実践編 〜 ハウスを読み解く カスプ 〜

占星術タンバリン物語 第43話 「朝のセントラルパーク」 女の子とお母さんは 閉店時間までいた。 キャン子先生と女の子は ずっと音遊びをしていた。 結局、わたしは 波動や調和について 聞くことができなかった。 ー 翌日は、定休日だった。ー 朝7時。もっと…

お詫び(今日の占い 付)

すみません。 今日おやすみします。明日、4月4日は 通常通り7時までに 記事アップします! 〜 キャン子先生より 今日 4月3日の占い〜 相手の気持ちが 深く共鳴できる日。 相手の喜び、苦しみ、 痛みなどが理解できるにゃ。 人は、 悩みを他者に話した時点で …

第42話 実践編 〜 適職と天職の違い 〜

占星術タンバリン物語第42話 「HADOU」 お客様にコーヒーと ジュースを用意して 持って行った時に 「音遊び」は終わった。 そして、 そのお子さんは 「のどかわいた〜」 といってジュースを ぐびぐびと飲んだ。 キャン子先生も 緑色のソーダー水を 飲んでい…

第41話 実践編 〜 天職と適職 〜

占星術タンバリン物語第41話「しゅわしゅわわ」 (これは夢?)ボールの音が響くたびに キャン子先生から 煙のようなものが しゅわ、しゅわ しゅわわと 放出された。私は疲れていたから これは夢だと思いたかった。 「すみませ〜ん! 注文してもいいですか?…